読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デマンドレスポンスとは何か。入念に調べてみた。

f:id:blankfein:20170225161209p:plain

目次

本日は、デマンドレスポンスという言葉について調べていきます。

 

デマンドレスポンスとは

経済産業省によれば、デマンドレスポンスは以下のように定義されます。

 市場価格の高騰時または系統信頼性の低下時において、電気料金価格の設定またはインセンティブの支払に応じて、需要家側が電力の使用を抑制するよう電力消費パターンを変化させること

別の言い方で言えば、エネルギー需要が最大になる時間帯の電力消費を抑え、安定した電力供給を可能にする仕組みのことを指します。 要するに、需要側が需給調整に貢献することができる仕組みのことです。

デマンドレスポンスの2つの方法

デマンドレスポンスは2つの方法に分類されます。

電気料金型デマンドレスポンス

電気料金型デマンドレスポンスとは、電力消費がピーク時の電気料金を値上げすることで、電力使用量を抑制する仕組みを言います。
この方法は、大多数に向けて比較的簡単に実行できる一方、消費者の動向に大きく左右されるため結果が不確実です。

2.ネガワット取引型デマンドレスポンス

ネガワット取引型デマンドレスポンスは、電力会社との間であらかじめ使用量がピークになる時間帯に節電する契約を結び、電力会社からの依頼を受けた分だけ節電を実行することで、消費者(需要家)に対価を支払うしくみです。電気料金型デマンドレスポンスに比べ、契約による節電効果が確実に得られやすいメリットがありますが、契約に手間と時間がかかるため、一般家庭など小さな規模の需要家へ節電を浸透させるのが難しい面もあります。

 

デマンドレスポンスを実施するには、多額の設備投資が必要

デマンドレスポンスを実施するには、各戸に時間帯別の電力消費量を計測できるスマートメーターなどを導入し、それによって電力会社の管内の状況を把握し、各戸にダイナミックな料金などを通知していけばよい。しかし、これには多額の設備投資が必要で、導入までに時間がかかる。そこで、このところ進んでいるのが、系統電力網とは隔離された「閉鎖系」でデマンドレスポンスを先行導入したり、実証実験を行ったりという動きである。

デマンドレスポンスの取り組み事例:楽天エナジー

デマンドレスポンスに取り組む企業の例として、楽天エナジーのケースを取り上げます。

節電実績に応じた対価を支払い

電力の需給逼迫時に、アグリゲーターからの依頼にもとづいて実施した節電実績に応じて、対価を支払うとのこと。

参加費無料で実施も簡単

デマンドレスポンスの取り組みに参加するにあたり、参加費などは一切掛かりません。また、節電が出来なかった場合のペナルティーも課されないので、クライアント側のリスクはないとのこと。

プラスアルファの価値を提供

楽天エナジーのデマンドレスポンスは、節電によるコストメリットだけではなく、楽天の既存事業とのシナジーを最大限に利用してクライアントにプラスαの価値を提供するとのこと。

デマンドレスポンスの取り組み事例:東京ガス

少し前の事例ですが、東京ガスの磯子スマートハウス実証実験についてご紹介。

エネファーム・蓄電池を活用したディマンドリスポンス

地域の電力が逼迫していることを想定したディマンドリスポンス実証試験を行いました。具体的には、地域エネルギーマネジメントシステムからのディマンドリスポンス信号を統合制御システムが受信し、エネファームや蓄電池を活用し系統電力からの受電電力の削減効果を検証しました。

デマンドレスポンスの取り組み事例:NTTファシリティーズ

NTTファシリティーズは、2006年からPPS(特定規模電気事業者)のエネットから高圧電力を一括受電し、マンション各戸に電力会社より5%安く配電するサービスを実施しているが、2011年からこれらの顧客向けに省エネを支援するサービス「EnneVision」を提供し始めた。同サービスの一環として、電力需要のピーク時に節電した分だけポイント還元するデマンドレスポンスを始めている。具体的には、エネットが翌日の電力需要のピーク時間帯をメールで通知し、この時間帯に顧客が前日に比べて1kWh節電するごとに20ポイント(20円相当)を付与する。